ハンディータイプのクリーナー

カーペットの掃除は、大きいものと小さいものとで異なりますが、小さいものは水洗いすることができ清潔に使い続けることができます。一般的には掃除機をかけることですが、粘着シートを使ってくずを粘着して取り除きます。又は少しのくずはハンディータイプのクリーナーを使ってごみを取ります。カーペットの上にジュースなどの液体をこぼした場合、乾いたタオルで水分を吸った後は洗剤を浸み込ませたタオルを固く絞って、汚れた部分に押し当て、上からたたいて汚れをタオルに移すような感じでふき取ります。

また家庭でできる薄汚れ落としやニオイ消し方法は重層をカーペットの上にまいて、ゴム手袋などを使ってゴシゴシとこすりつけて、カーペットの繊維に良くなじませます。1時間以上そのままにしてから掃除機をかけ重層粉を吸い取ります。カーペットに付いたダニ退治にはカーペットのアイロンがけが効きます。何故ならダニは熱に弱いからです。掃除機を丁寧にかけるだけでも効きますが、熱はダニ退治をさらにアップさせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です