「未分類」カテゴリーアーカイブ

エアコンの掃除

“エアコンはカビが早く生育する場と言われています。なのでカビの温床を避けるためにはこまめに掃除することが一番良いことです。家で自分一人でできるエアコンの掃除はフィルターの掃除とエアコン本体外部です。おおかたのエアコン取扱説明書には「2週間に1回」となっています。エアコンを長く清潔を保ちながら使うには、使い始めのフィルター掃除としばらく送風運転してから本格的なスウィッチに切り替えます。

冷房を使った後は30分くらい送風運転します。そうすることでエアコン内部が乾燥しカビが生えにくくなります。送風運転するときは窓を開けて、新鮮な空気を取り入れ、エアコン内部のカビ胞子を外へ逃がします。エアコンの掃除をプロに頼むとエアコンの内部がすっきりきれいになり、吹き出し口からの風速がかなり良くなります。また、フィルターを掃除した後にアルコールスプレーを吹きかけて良く乾燥させた後にエアコン本体にセットするとカビの発生を防ぐことができます。

畳・カーペットの掃除方法

・畳の掃除法

.畳の目へと的確に合わせて行き、掃除機をきちんと描けて行く。

.強く搾った雑巾により、畳を丁寧に水拭きする。

畳がもし新しいのならば、雑巾を水に付ける事なく、カラ拭きをやって行く。

掃除機を掛ける時では、「強」のスイッチをなるべく使わないようにして下さい。

何故かと言うと、畳は強度に優れていないので、掃除機を引きずるだけでも、大きなダメージ受けてしまうからです。

・カーペットの掃除法

.掃除機を使用する際には、初めに狭いゾーンからやって行き、広いエリアへと掛けて行く。

.カーペットの色合いが必ず濃くなる要領で、目を上手く起こしながら、掃除機を慎重に掛けて行く。

.染み抜きをやるのであれば、ぬるま湯の中へと中性洗剤を入れて行き、しっかりと拭いて行く。

この時での正しい拭き方とは、染みがある部分の端から中心に拭いて行き、内へ内へと細かく拭いて行くようにします。

へこみに至っては、柔軟仕上げ剤を薄めて行き少し吸わせ、それからスチームアイロンを活用して行き、蒸気を常に出しながら、ゆっくりとブラッシングして行きます。

お家のお手入れ

新しい家を建てた際では、出来たばかりの状態である為、ストレスを全く感じる事なく、毎日のんびりと過ごす事が出来ます。

但し年数が経過する毎に比例して、家屋の内外へと汚れが次第に付きやすくなるので、新築の頃のような清々しい気持ちは、徐々に消え去って行きます。

例えば台所へとゴミやホコリの汚れが、大量に蓄積してしまい、その状況から更に室内へと散らばっていれば、かなり嫌な気分となるものです。

生ゴミが腐ってしまえば、必然的に悪臭を放ってしまう為、不快な気持ちへとすっかり包まれてしまいます。

一旦そうなると、様々な種類の病原菌を持っている、ゴキブリやネズミが頻繁に現れやすくなります。

他にも人間のフケや頭髪をエサにして増殖している、アレルギー症状が起こる要因だとされている、ダニがいっぱい発生して来ます。

なのでお掃除とは、建物の内装や外装をキープさせる為にやるのでなく、住居の中で快適な日常生活を送って行く為に、定期的に細かく行わなくてはならない、大切なお手入れだと言えるのです。

魚焼グリルのお掃除

皆さんは魚焼グリルのお掃除はどのようになさってますか?

毎回、お魚を焼き終えてすぐにきちんと洗うと良いのかも知れませんが、せっかくの焼き魚、焼きたてが一番おいしいですし、まずは食事を優先し、お掃除は後回しに…ということも多いのでは?
そして、時間が経ってからのグリルの受け皿は、崩れ落ちた魚の身や魚の油でギトギトになり、汚れがなかなか落ちにくくなってしまい、お掃除が面倒に…。

でも、その面倒なグリルのお掃除が、使用前のひと手間で簡単にする方法がありますので、ご紹介させて頂きます。

その方法は、グリルを使用する前、受け皿の水に片栗粉を加えておくだけです。

片栗粉を加えた場合、お掃除はグリル内の温度が下がってからするので、使用後は、冷えるまで、そのまま放っておきます。
そして、しばらくすると…なんと、受け皿の水は、使用前に加えておいた片栗粉のおかげで凝固してしまうんです。

なので、お掃除はペロッと剥がしてポンっと捨てるだけ、でおしまいです。

片栗粉の分量は、私は大さじ4~5杯くらい加えてます。

あのギトギトがペロッとポン!でおしまい。
ひと手間でとても簡単になります♪お試しください。

ハウスクリーニングでお困りでしたら京都のKMクリーンサービスにお気軽にお問い合わせください。

エアコンクリーニングサイトも運営しております。

窓掃除

窓掃除にワイパーを使う人が増えていますが、選び方や使い方にコツがあり使い方によっては雑巾がけした方がキレイに掃除できることがあります。ワイパーを使う場合は、ガラス面に密着する柔らかめのゴムを選ぶのが良いです。手に持つワイパーの角度は少し寝かせ気味にします。水切りなど扱い方が難しいので初めて使う人は雑巾がけの方が良いでしょう。

また簡単にきれいにする方法に新聞紙を使うという方法があります。窓をビシャビシャにぬらして新聞紙で拭きます。ガラスクリーナーで雑巾がけしてもキレイになります。窓掃除は少し曇り気味の日に行いましょう。湿度の関係で汚れが落ちやすくなります。

窓掃除は外側から先に掃除すると、内側の汚れが目につきやすくなり、効果的に掃除が行えます。窓のレールはほこりがたまりやすく細かいところなので細い割りばしにティッシュをくるむ、綿棒を使うなどします。大きな窓を備えた住宅の場合、窓クリーニングの専門業者に依頼するのが良いです。

ハンディータイプのクリーナー

カーペットの掃除は、大きいものと小さいものとで異なりますが、小さいものは水洗いすることができ清潔に使い続けることができます。一般的には掃除機をかけることですが、粘着シートを使ってくずを粘着して取り除きます。又は少しのくずはハンディータイプのクリーナーを使ってごみを取ります。カーペットの上にジュースなどの液体をこぼした場合、乾いたタオルで水分を吸った後は洗剤を浸み込ませたタオルを固く絞って、汚れた部分に押し当て、上からたたいて汚れをタオルに移すような感じでふき取ります。

また家庭でできる薄汚れ落としやニオイ消し方法は重層をカーペットの上にまいて、ゴム手袋などを使ってゴシゴシとこすりつけて、カーペットの繊維に良くなじませます。1時間以上そのままにしてから掃除機をかけ重層粉を吸い取ります。カーペットに付いたダニ退治にはカーペットのアイロンがけが効きます。何故ならダニは熱に弱いからです。掃除機を丁寧にかけるだけでも効きますが、熱はダニ退治をさらにアップさせます。

掃除は整理整頓と合わせて行いましょう

掃除は整理整頓と合わせて行うことをお勧めします。整理整頓して、物が整理されていないと、まずそこから直さなければなりませんので、整理整頓してから掃除することをお勧めします。整理整頓してあれば、何がどこにあるか分かるようになります。よく掃除をしていると懐かしい物が出てきたりして、それを見たりして、なかなか掃除が進まなかったり、どこに何があるか分からないので、いちいち確認してからいらない物を捨てたりしなければなりません。その様な事態を防ぐ為に、常日頃から整理整頓は行わなければなりません。整理整頓しておくことにより、はじめて掃除が定期的に行うことが出来ます。掃除は定期的に行わなければ、不衛生状態となってしまい、人体に様々な悪影響を与えてしまいますので、掃除は定期的に行いましょう。綺麗な部屋は、綺麗な体や強い精神力を生み出し、体や心を綺麗に保ってくれますので、定期的な掃除を行い、常に綺麗に衛生的な状態を保ちましょう。

窓ガラスを綺麗に掃除をするために重要になるポイントとは

“掃除と言えばどのような場所が想像できますか。

年末の大掃除など、やはり一番に綺麗にしておきたいと思うのが窓ガラスではないでしょうか。

窓ガラスを綺麗にしておくことで、不思議と家は綺麗に見えてしまいます。

では、窓ガラスを上手に綺麗にする方法とはどのような方法でしょうか。

窓ガラスはそのままにしておくことでどんどんと汚れていきます。酷い場合は、ガラスに汚れやウォータースポットなどが付いて少し擦っただけではその汚れは落ちないくらいになってしまいます。窓ガラスはできる限り頻繁に掃除を行うべきですが、年末の大掃除など年に一度は時間をしっかり使って掃除を行いましょう。

まず、身近な物で窓ガラスを掃除を行う場合は新聞紙をお薦めします。実は、新聞紙のインクと窓ガラスの愛称はとてもよく、新聞紙で窓ガラスを擦ることでとても綺麗な仕上がりになります。また、少しの力で綺麗になるという魅力もあります。

また、雑巾を使用する場合はできる限り水気をしっかり落とした雑巾にしておくことをお薦めします。水気があることでその水が窓ガラスに付いてしまい綺麗な仕上がりになりません。また、乾いた状態の場合は汚れを落とし辛くなりますので、しっかり絞った雑巾を使用することが重要なポイントです。

掃除は楽しく行うことができればより綺麗になっていく

“掃除をスムーズに行うコツはあるのでしょうか。

面倒に感じる掃除ですが、コツさえ掴むことができれば面倒な掃除が少し楽に感じるようになるかもしれません。

まず、掃除は楽しく行うことが大切です。時間に追われてあせって行うことはよくありません。綺麗にするという目的を見失ってしまい、ただ掃除をしたと言うだけの結果になってしまいます。

楽しむ掃除を行うには、例えばヘッドホンをして好きな音楽を聞きながら行ってみましょう。掃除の時間が少し楽しい時間に変わっていくはずです。

また、綺麗になっていくという事実を確認しながら行うことも重要です。掃除は急いで行ってしまうと最初の状態から綺麗になっていく様子を確認しないまま次の掃除を行いがちです。まずは、綺麗になる状態をしっかり確認し、実感を感じることで掃除は楽しく感じることができるようになるはずです。

そして、一人ではなく家族などの数人で掃除を行えば、さらに楽しく掃除ができるようになるはずです。”

掃除のときやる気を出す方法

“私は以前まで掃除が苦手でした。その原因は、めんどくさいと思ってしまうことでした。掃除をどうしても好きになることができず、部屋が汚れていることがとても多かったです。しかし、とあるきっかけで掃除を楽しいと思えるようになりました。

そのきっかけとは、ちゃんと掃除した後達成感を感じたことです。今まではある程度整理をしたら満足していましたが、ある日部屋の隅々まで掃除をしました。そうすると、今まで感じなかった達成感を感じることができたのです。

どうしてもやる気が出ないときは、汚れた部屋を写真に撮ってから掃除しました。こんなに汚い部屋にいた自分は恥ずかしいと思うようにし、掃除するようにしました。また掃除した後も写真を撮り、見比べて達成感を感じられるようにしました。

このように、自分でやる気を出し掃除を楽しいと思うことが大事だということがわかりました。今では以前の自分が嘘のように、掃除を好きになることができました。”